Home > 【ニュースリリース】LMガイドアクチュエータ 左右ねじ仕様 「KR-RL形」 受注開始

【ニュースリリース】
LMガイドアクチュエータ 左右ねじ仕様 「KR-RL形」受注開始
1つのモータで左右対称の動作を実現

2021年2月9日(火)

 駆動部のボールねじ軸に左右ねじを採用したLMガイドアクチュエータ「KR-RL形」を2021年2月9日より受注開始いたします。

 「KR-RL形」は、LMガイド、ボールねじのコンポーネント製品をモジュール化し、コンパクト・高剛性・高精度という、KR形から継承した優れた特長を兼ね備えたLMガイドアクチュエータです。
 ボールねじ軸には、左右対称に同時駆動できる左右ねじを採用し、1つのモータで把持、開閉の動作を実現します。ターゲット市場は主に電子部品業界や自動車部品業界などで、FA自動化工程の需要を見込んでおり、全自動ワイヤストリッパ(ケーブル端末の皮剥ぎ)の刃物移動部をはじめ、ロボットの電動グリッパ、ねじ締め機、ディスペンサ等での用途に最適です。
 「KR-RL形」の製品ラインナップは、#15~#65の9種類。装置のダウンサイジングや設計、組み立て工数の削減に貢献します。

    カタログダウンロード

特長

1軸で左右対称の同時駆動が可能

左右対称に駆動できるねじ軸の採用により、開閉、把持が1つのモータ制御で可能となり、省力化を実現します。

LMガイドアクチュエータ 左右ねじ仕様 KR-RL

 

モジュール構造により工数削減と省スペース化に貢献

モジュール構造のKR-RL形は、コンポーネント製品と比べて部品点数が少なく、駆動部の組立にかかる工数を抑えられます。
また、1軸で左右対称に同時駆動できるという利点によって多軸のコンポーネント製品をよりシンプルな1軸モジュール製品に置き換えることが可能となり、省スペース化に貢献します。

KR-RL_コンポーネント_モジュール

 

4方向等荷重構造でエンドエフェクタに最適

4方向(ラジアル方向、逆ラジアル方向、横方向)どこからの荷重にも耐えられる構造で、取付姿勢にとらわれることなく組み付け可能です。
例えば、複雑な動きをするロボットアームのエンドエフェクタに最適で、重量物や複雑な形状のワークを保持する際、オーバーハング状態でのモーメントを許容できる高い剛性を備えたアクチュエータです。

KR-RL_取付姿勢

 

豊富なラインナップ

用途に合わせて9つのサイズ形番、2種類のブロックタイプからお選びいただけます。

KR-RL_ブロックAタイプ KR-RL_ブロックCタイプ KR-RL_豊富なラインナップ

 

動画閲覧

 

製品仕様・技術・CADに関するお問合せ

THKカスタマーサポート
〒108-8506 東京都港区芝浦2-12-10
TEL: 0120-998-745 FAX: 0120-965-739
お問合せフォーム
PAGE TOP