Home > 「低慣性ボールねじ・スプラインBNS-V/NS-V形」 新登場

「低慣性ボールねじ・スプラインBNS-V/NS-V形」新登場

低慣性ボールねじ・スプラインBNS-V/NS-V

2019年8月26日

低慣性ボールねじ・スプラインBNS-V/NS-V形の受注を開始しました。BNS-V/NS-V形は、装置の高速動作、素早い起動・鋭く停止を実現します。

 

    カタログダウンロード

 

特長1. 水平多関節ロボットの高タクト化

水平多関節ロボットの高タクトタイム化には、Z軸の低慣性化が求められています。
既存製品より、コンパクト・軽量化することにより、低慣性を実現し、設計の最適化が可能です。

特長2.精密な動き・素早い動きを両立

同じ軸径でありながらナット外径をコンパクトにし、軽量化を実現したため、タクトタイム短縮が可能です。
先端軸や周辺機器の小型化・軽量化によるモータ負荷低減により、発熱が軽減し、従来よりも長時間運転が可能になります。

 

 

 

製品構造

BNS-Vは、1本の軸にボールねじ溝とボールスプライン溝を設け、ボールねじナット、スプライン外筒の外周に専用のサポートベアリングをダイレクトに組み込んだ複合製品です。ボールねじナット、スプライン外筒を回転あるいは停止させることにより1軸で回転運動、直線運動およびスパイラル運動を得ることができます。

 

BNS-Vは、ボールねじナット、スプライン外筒を回転・停止させることにより、軸が1本で直線運動、回転運動、スパイラル運動します。

製品仕様・技術・CADに関するお問合せ

応用技術統括部 AE部
〒108-8506 東京都港区芝浦2-12-10
TEL: 03-5730-3865 FAX: 03-5730-3918
お問合せフォーム
PAGE TOP